電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 八雲町漁協ブナサケに付加価値 「さけ節」事業着手

新聞記事

八雲町漁協ブナサケに付加価値 「さけ節」事業着手

2014年04月21日

韓国向け活出荷作業。活魚車の水槽に1台7㌧を投入(10日、遠別漁港)

 八雲町漁協(大林弘志組合長)が整備を進めていた「さけ節工場」が完成した。「遊楽部熊鮭」のブランド名で加工品の開発、製造に取り組んできたブナサケの付加価値対策の一環で事業展開。生産量は年間10トンの計画。今週試運転を始め、製品作りに入っていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る