電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸イサダ釣餌需要強く高騰 キロ231円

新聞記事

三陸イサダ釣餌需要強く高騰 キロ231円

2021年04月26日


 不漁が続く三陸のイサダ(ツノナシオキアミ)漁が予定の漁期を待たずに終了した。漁業情報サービスセンター(JAFIC)によると岩手、宮城両県の今季水揚量は計4112トン(前年比2.1倍)。2年連続の不漁に伴う在庫薄を反映し、1キロ当たりの平均単価は231円(同2.4倍)と高騰した。
 イサダは養殖魚や釣りの餌となるほか、健康維持効果のある成分を含むことからサプリメントの原料にも使われるなど近年需要が拡大している。







購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る