電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 「仙台湾ヒラメは2集団」名大・水研機構など解明

新聞記事

「仙台湾ヒラメは2集団」名大・水研機構など解明

2021年04月19日


 名古屋大学や水産研究・教育機構、総合地球環境学研究所の研究者らによるグループは、仙台湾に生息するヒラメを検証し、生活履歴が異なる2つの集団が存在することを明らかにした。ヒラメの生活環の一端が解明されたことで資源保護に役立てていく。また、今回の分析手法を他魚種でも活用し、その生活史や行動、集団の構造解明への見通しも得られたとしている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る