電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協の寺沢組合長、原発処理水海洋放出に「反対」

新聞記事

宮城県漁協の寺沢組合長、原発処理水海洋放出に「反対」

2021年04月19日


 「あらためて反対」「納得できない」―。国が4月13日に方針を明らかにした東京電力福島第一原発の処理水放出。大量の海水で希釈し、放射性物質の濃度を国の基準より十分低くすると説明するものの風評被害への懸念は強い。宮城県漁協の寺沢春彦組合長は「まずは国民や諸外国への説明責任を果たさなくてはだめだ。安心が担保されない限り到底受け入れられない」と憤りを隠さない。福島県や隣県の漁業関係者らは風評の恐ろしさが身に染みている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る