電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 函館水試と戸井漁協小安が連携し早期生産種苗のマコンブ養殖

新聞記事

函館水試と戸井漁協小安が連携し早期生産種苗のマコンブ養殖

2021年04月12日


 道総研函館水産試験場は戸井漁協小安・東戸井両地区と連携、成熟誘導(人工的に子のう斑を形成させる技術)を用いた早期生産種苗のマコンブで試験養殖を進めている。通常の促成マコンブより沖出し時期を前倒しできるため、成長が早く、付着物増加前に収穫できることや厳冬期の間引きを避けられることが利点。「この養殖方法を確立できれば生産性・作業性の向上につながる」と浜側の期待も大きい。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る