電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 玉冷、新物組成に注目

新聞記事

玉冷、新物組成に注目

2021年04月05日

オホーツク沿岸のホタテ荷揚げ作業。今年の漁場造成も小型組成で始まった


 コロナ禍の影響を大きく受けた玉冷消流。内販は外食産業で苦戦しているが、巣ごもり需要に伴う量販店やテイクアウトを生かした回転ずしは順調に消化している。一方、海外では需要回復の兆しが顕著で在庫確保に向け輸入が加速。期首在庫は昨年の3500トンを下回る予測で、2021年度シーズンを迎えた消費地では新物のサイズアソートと冷静な価格帯に注目が集まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る