電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩内郡底建網、シケ続き苦戦

新聞記事

岩内郡底建網、シケ続き苦戦

2021年01月18日

底建網の選別作業。今後はタラの増産に期待がかかるが「多くがトドに食べられてしまった。久しぶりにナギだったためか、トドが寄ってきた」と嘆きも(7日、岩内郡漁協市場)


 岩内郡漁協の底建網は昨年11月以降、シケ続きの海況に悩まされている。出漁回数を稼げず苦慮。コロナ禍を受け、ヒラメを中心に魚価安にも見舞われている。
 1月上旬は約10軒が操業。中村正紀指導漁業士は「11月からシケが多発している。潮も速い」と説明。「12月は4、5回の操業にとどまった」と続ける。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る