電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 根室海峡ホタテ水揚量、減産・小型で3割下回る

新聞記事

根室海峡ホタテ水揚量、減産・小型で3割下回る

2021年01月11日

尾岱沼漁港の荷揚げ作業


 野付尾岱沼の根室海峡5単協(歯舞・根室・根室湾中部・別海・野付漁協)共同海区2020年水揚量は、前年比28%減の1万8124トンとなった。昨年5月までの操業で29号巽沖造成が予想以上の空貝に苦戦を強いられ、各海域のアソートも小型に傾斜したことが数量減につながった。
 金額は同44%減40億994万円(税抜き)、キロ平均単価は同22%安221円。単価安が響き金額も伸び悩んだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る