電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羅臼 番屋・船など年末の高波で被害

新聞記事

羅臼 番屋・船など年末の高波で被害

2021年01月11日


 昨年12月中旬に高波による被害を受けた羅臼漁協。コンブ関係では番屋や乾燥施設が倒壊・損傷したほか、船も横転・破損するなどした。養殖施設は流氷対策で沈下しており、詳細把握は春の施設浮上後となる見通し。
 被害は12月下旬現在の漁協まとめで建物44件を中心に漁船、ホタテ施設など多岐にわたり計56件。このうちコンブ関係は番屋や乾燥施設、倉庫といった建物の被害が33件で、全壊した番屋も。前浜などに陸揚げしていた船外機船も波で横転、破損するなどした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る