電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > スケソ21年TAC 水産庁が検討会開く

新聞記事

スケソ21年TAC 水産庁が検討会開く

2021年01月11日


 水産庁は、スケソの太平洋系群と日本海北部系群の資源管理方針に関する第3回検討会を昨年12月22日に室蘭市、同23日に小樽市で開催。最大持続生産量(MSY)を指標とする新たな資源管理に基づく2021年漁期の漁獲シナリオ(TAC)案を漁業関係者に示した。太平洋系群は21年から3年間を17万トンで固定する案を選定。日本海北部系群は5年間を1万トンで固定するなど2案に絞った。意見公募を経て、1月の水産政策審議会資源管理分科会に諮問、決定される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る