電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道内コンブ20年度格付け、前年並み見通し

新聞記事

道内コンブ20年度格付け、前年並み見通し

2021年01月01日


 北海道のコンブは減産傾向が続き、近年は低水準で推移している。道水産物検査協会の格付実績によると、2020年度は11月末現在の累計で前年同期比9トン増の1万64トン。3月末の最終実績でも過去最低だった前年度並みとなる見通し。管内別で宗谷やオホーツクが増産の一方、道東が苦戦。根室の格付けは過去最低実績だった2011年度を下回る可能性もあるという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る