電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 稚魚への油脂添加餌料で遊泳力や飢餓耐性を強化

新聞記事

稚魚への油脂添加餌料で遊泳力や飢餓耐性を強化

2021年01月01日


 来遊資源の低迷が続く北海道の秋サケ。研究機関では河川での飢餓状態と降海時の低水温が重なった際、稚魚の成長、移動(遊泳力)、生残に影響を及ぼすことを一因に着目している。対策で餌にDHAなど油脂を添加し、稚魚の蓄積栄養を増加させる試験を実施。今年(2021年)の回帰資源からその効果が検証でき、技術の進展が注目される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る