電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 食のダイヤモンド「鯨」道内普及目指す

新聞記事

食のダイヤモンド「鯨」道内普及目指す

2021年01月01日

赤色が鮮やかな、すき焼き用に仕立てた鯨肉


 商業捕鯨の再開に伴って水揚げの中心になったニタリクジラが、ミンククジラの人気を追い越しつつある。一方で北海道では依然としてミンクの引き合いが根強い。調査捕鯨の頃、生体研究の副産物として、主にミンクやイワシクジラが販売されていた名残でもあるが、捕鯨国内大手の共同船舶(株)はニタリの需要底上げに注力。特に北海道で普及させたいと力を込める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る