電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白口浜促成種苗、高水温やホッケの付着生物摂餌で損傷・芽落ちか

新聞記事

白口浜促成種苗、高水温やホッケの付着生物摂餌で損傷・芽落ちか

2020年12月14日


 促成種苗の損傷・芽落ちが広範囲に及んでいる道南白口浜。道総研函館水産試験場が鹿部・大船両地区で実施した調査によると、高水温の影響で早期沖出しした種苗中心に生育が悪く、ヒドロゾア類(通称、毛)なども多数付着して退色・芽落ち。さらに、ホッケが種苗糸に付く小型生物(ヨコエビ類など)を摂餌し、種苗の損傷など被害を招いた可能性が高いとした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る