電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 包装で製品価値にSDGs

新聞記事

包装で製品価値にSDGs

2020年12月14日


 近年、海洋汚染の主要因としてマイクロプラスチックの問題が注目されており、欧州に限らず多くの国々でプラスチックごみの削減に向けた規制強化が進んでいる。日本では、2019年6月に政府がプラスチック資源循環戦略を策定しており、同戦略に含まれる目標を達成する手段の一つとして、プラスチックのリサイクルの促進や、代替素材の導入が期待されている。SDGs(持続可能な開発目標)の姿勢がより普及した現在、日本はそのような目標に向け、食品容器包装の変革が必要不可欠となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る