電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 釜石の齋藤さん、震災10年 交流人口拡大目指す

新聞記事

釜石の齋藤さん、震災10年 交流人口拡大目指す

2020年12月14日

齋藤さんが開発に携わったアカモク加工品。寄付金の返礼品として提供される


 東日本大震災からの復興を目指し、岩手県釜石市で漁業支援に当たってきた釜援隊(釜石リージョナルコーディネーター)の齋藤孝信さんが、支援継続のため任意団体「漁(すなど)り舎」を設立した。釜援隊の活動は今年度で終了するが、市は地域活動の担い手をサポートする事業を12月下旬に始める計画。応援したい団体を指定して市にふるさと納税ができる制度だ。団体の認定に向け奔走中の齋藤さん。「釜石の豊かな海と水産物の魅力を広く発信したい。交流人口拡大のため多くの人に応援してもらえれば」と期待している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る