電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白口浜の促成種苗がホッケの食害で損傷・芽落ち

新聞記事

白口浜の促成種苗がホッケの食害で損傷・芽落ち

2020年12月07日


 道南白口浜で、養成綱に挟み込んだ促成の種苗が芽落ち・損傷する被害が出ている。主にホッケの食害とみられ、同様の被害を受けた一昨年より規模が大きい模様。高水温による生育不良も重なり、全滅に近い施設もあるという。種苗の差し直しや、成長後の移植で回復を目指すが「完全復旧は難しい」と厳しい見通しを示す着業者もいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る