電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > ホタテへの物理的衝撃で異常貝発現

新聞記事

ホタテへの物理的衝撃で異常貝発現

2020年12月07日


 今年度の陸奥湾地区水産振興研修会(一般社団法人青森県水産振興会主催)が1日、青森市の県水産ビルで開かれた。青森産技水産総合研究所ほたて貝部の小泉慎太朗研究員は「ホタテガイの異常貝発現メカニズム」と題して講演。異常貝は外套膜(ヒモ)のけがのほかに物理的衝撃によっても現われるとの試験結果を示した上で「異常貝やへい死を減らすためには『ホタテにけがをさせない』という意識を持つことが大切」と呼び掛けた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る