電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 釜石のサクラマス養殖試験、来夏8000尾出荷目指す

新聞記事

釜石のサクラマス養殖試験、来夏8000尾出荷目指す

2020年12月07日

約1万尾の稚魚が投入された釜石湾の養殖いけす(3日)


 岩手県釜石市で産官学連携によるサクラマスの養殖実証試験が始まった。釜石湾で稚魚から出荷サイズまで育て、陸上では種苗開発に挑戦する海面・内水面一体のプロジェクト。秋サケなど主要魚種の不漁が続き、県内でギンザケやトラウトサーモンの海面養殖試験に乗り出す動きが相次ぐなか、県民になじみ深い国産種で独自性を打ち出し競争力強化につなげる。初水揚げは来年5月を予定。2023年9月まで3期にわたって試験を行い、事業化の可能性を見極める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る