電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道秋サケ 昨年超えへ4年魚の水準焦点

新聞記事

北海道秋サケ 昨年超えへ4年魚の水準焦点

2020年10月26日


 北海道の秋サケは昨年並みの低水準の水揚げで盛漁期を過ぎた。今季ピークとなる見込みの中期も10月中盤から失速傾向となり、浜値は根室海峡でメスが高値キロ2千円台まで高騰。道総研さけます・内水面水産試験場の推定で前期実績は4年魚(2016年級)が77%、5年魚(15年級)が14%と、予測通りの年齢組成。平均目廻りが昨年より小型の状況下、昨年(約4万5千トン)超えは主群・4年魚の来遊水準が焦点となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る