電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 標津波心会秋サケのブランド化・価値向上に挑戦

新聞記事

標津波心会秋サケのブランド化・価値向上に挑戦

2020年10月05日


 標津の前浜で漁獲する水産物をもとに6次産業化に取り組む標津波心会(林強徳代表)は今季、秋サケのブランド化や商品の多角化に挑戦している。神経じめなど鮮度・品質向上への処理を徹底。道内外の鮮魚店とも手を携え、標津の秋サケを道内外に訴求していく。標津はかつて「秋サケ水揚げ日本一」で知られたまち。同会は高鮮度を打ち出し、「日本一おいしい秋サケ」として魅力を発信する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る