電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 共和水産 藤原新工場が竣工 三陸宮古の魚を中心とした末端向け商品で勝負

新聞記事

共和水産 藤原新工場が竣工 三陸宮古の魚を中心とした末端向け商品で勝負

2014年03月17日

宮古市藤原地区に建設した共和水産の新工場

 岩手県宮古市の共和水産株式会社(鈴木徹社長、電話0193・77・4625)は、生産能力でこれまでの約2倍の規模となる新工場を建設した。前浜宮古で獲れるスルメイカや魚介類への愛情とこだわりを持ち続けて自慢の商品を展開している。スル メイカの生食を中心とした末端向け商品を展開する工場で、東日本大震災からの地元復興に意欲を燃やしている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る