電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 仙鳳趾のホッカイシマエビは序盤に比べ減少傾向

新聞記事

仙鳳趾のホッカイシマエビは序盤に比べ減少傾向

2020年07月13日

ボイル後きれいに赤く染まったホッカイシマエビ(7日)


 昆布森漁協仙鳳趾地区のホッカイシマエビ漁は、ハシリに比べ水揚げが減少傾向となっている。約40年着業している村井重北海えびかご部会長は「例年では9月がメイン」と話し、今後の漁模様回復に期待する。
 6月15日にスタート。6軒が着業する。村井部会長は「ハシリに比べ漁は減った。今日で40パック。ハシリは50~60パックだった」と話す。竹花敏市さんも「ハシリは40~50パックほどの日量だったが、長く続かず最近は30パック前後。あまりよくない。今日は40パックくらい」という。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る