電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 久慈市漁協養ギン越冬クリア

新聞記事

久慈市漁協養ギン越冬クリア

2020年07月13日

水揚げされるギンザケ(7日、久慈港)


 岩手県の久慈市漁協(皀健一郎組合長)が2022年度からの事業化を目指し、3カ年計画で海面養殖試験を行っているギンザケの2季目の水揚げが7日、始まった。今季は8月上旬までに、久慈湾内の冬場の低水温やシケを乗り越えた約2万尾(50トン)を出荷する計画。海水のシャーベット氷でしめた鮮度の高さと、他産地より長期にわたって水揚げできる強みを武器に、「久慈ギンザケ」の産地化に向けた取り組みを加速させる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る