電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 雄武、紋別毛ガニ8割達成、沙留は終漁

新聞記事

雄武、紋別毛ガニ8割達成、沙留は終漁

2020年07月13日

苦戦を強いられている毛ガニの荷揚げ作業(6日、紋別港)


 オホーツク管内の毛ガニ漁は、北部地区(雄武・沙留・紋別漁協)が終盤戦に入った。自主休漁明けの6月中旬から若主体の水揚げとなり、雄武は7月8日時点で許容漁獲量の80%、紋別は同じく77%を消化。沙留は4日に終漁した。浜値は昨年より2割ほど安値。若はキロ3千円台前半~2千円台後半で推移している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る