電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カキ養殖原盤穴開け機導入

新聞記事

カキ養殖原盤穴開け機導入

2020年06月22日

上段が穴開け機、下段が打鍵ハンマーで開けた穴。上段は大きさが一定で同じ位置に開いている


 ホタテ・カキ貝殻の加工販売を手掛ける湧別町の(株)共律産業(佐々木雅朗社長)は、ホタテ耳づり養殖用の稚貝穴開け機(GM-160、(株)ムラキ製)を改良したカキ養殖用のホタテ原盤穴開け機(KM-60)を導入した。熟練従業員に頼ってきた打鍵ハンマーによる手作業を機械化したことで、省力化や生産性はもとより品質の向上にもつながっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る