電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「北海道二海サーモン」生残率9割で一定の成果

新聞記事

「北海道二海サーモン」生残率9割で一定の成果

2020年06月22日


 八雲町やひやま漁協熊石支所、落部漁協で養殖試験に取り組むトラウトサーモン(ニジマス)が17日、太平洋側の落部漁港東野地区で初水揚げされた。生残率は約9割で重量は2.7~3キロが主体。給餌や水揚げ作業などに従事した落部漁協青年部の仙石一哉部長は「サーモンが養殖できることが分かり1年目は成功だった」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る