電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白糠のタコ縄近年最高の659トン

新聞記事

白糠のタコ縄近年最高の659トン

2020年06月01日

水揚げが安定しているタコ(2月、白糠漁港)


 白糠漁協のタコ縄漁が5月下旬に終漁した。数量は昨シーズン比8%増の659トンと近年最高に。山田明タコ縄部会長は「終盤はタコが岸寄りせず思ったほど揚がらなかったが、資源を残す格好となり良かったのでは」と話す。一方で、キロ平均単価は同20%安の458円に下落、金額は同14%減の約3億円(税込み)となった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る