電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > コロナ禍も何の 活動進化

新聞記事

コロナ禍も何の 活動進化

2020年05月18日

刺身用に仕立てたニシン


 標津前浜で漁獲する水産物の魅力発信や6次産業化に挑む標津波心会(林強徳代表)の活動が飛躍している。昨年始まった東京の鮮魚店とのコラボや今後本腰を入れる地元での対面販売など、若手ならではの行動力を発揮。新型コロナウイルス感染拡大の逆境下でも旗印に掲げる前浜産鮮魚の普及や付加価値化に向け着実に歩みを進めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る