電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 第七十八嘉和丸「理想以上の新造船が誕生」

新聞記事

第七十八嘉和丸「理想以上の新造船が誕生」

2020年05月18日

竣工した第七十八嘉和丸。船名は長男・嘉信さん、長女・和美さんの一字をとった


 湧別漁協でタコ箱やホタテ稚貝養殖を中心に操業する工藤正弘理事の第七十八嘉和丸(よしわまる、4.9トン、アルミ)がこのほど竣工した。舷門やミズダコ専用の水槽など、安全性・作業性を重視したこだわりの新船が誕生。4月30日に地元・湧別漁港でその雄姿を披露した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る