電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道、コロナ禍の影響長期化で漁業生産額2000億円割れ試算も

新聞記事

道、コロナ禍の影響長期化で漁業生産額2000億円割れ試算も

2020年05月18日


 道水産林務部は12日に行われた道議会水産林務委員会で、新型コロナウイルス感染拡大が今年12月ごろまで長期化した場合、外食産業の消費減退や輸出停滞などで全道の漁業生産額が2千億円を割り込む可能性があるとの試算を提示した。2019年の生産額(2350億円)を500億円超下回る。
 各漁協に対し、4月20日ごろに新型コロナが漁業生産額に及ぼす影響を聴取した上で推定。その結果、魚価安や操業の制限などで水揚高が落ち込む見通し。乗組員の雇用打ち切りや廃業などの懸念が高まるほか、生産額のダウンが漁協の経営悪化につながると不安視する声も上がった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る