電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 日本海ニシン放流事業開始以降初の3000トン突破

新聞記事

日本海ニシン放流事業開始以降初の3000トン突破

2020年05月18日


 日本海沿岸のニシン刺網は道水産林務部の集計(速報)によると4月30日現在で前年同期比77%増の3123トンに上り、1996年に種苗放流事業を開始して以降初めて3千トンを突破した。
 主力の小樽市漁協と石狩湾漁協の3月終漁後に数量をけん引したのは留萌管内。今季は地区間差はあるが4月頭から水揚げが順調に推移したため、4月30日現在で807トンに達した。昨年実績324トンの約2.5倍となり、1999年以降で最多を記録した。これまでは04年の364トンが最も多かった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る