電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > だしにこだわり、コンブを次世代へとつなぐ─

新聞記事

だしにこだわり、コンブを次世代へとつなぐ─

2020年05月04日

毎年6月に操業する貝殻さお前の荷揚げ(昨年、温根元漁港)


 北海道のコンブは、6月から釧路・根室のさお前、渡島の促成などで水揚げが始まり徐々に本格化する。生産は減少傾向が続いており、昨年度の道産コンブ格付実績は過去最低の1万2921トンまで落ち込んだ。消費も近年低水準で推移。日本の食文化を支えてきた産業が今苦境に立たされている。業界団体や研究者らは増産と需要喚起に向け注力。昆布だしにこだわりを持ち、その魅力を伝える人たちもいる。コンブを次世代へとつなぐ─。その思いや取り組みを取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る