電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 海面養殖「宮古トラウト」初出荷

新聞記事

海面養殖「宮古トラウト」初出荷

2020年05月04日

丸々と太った宮古トラウト。主に刺身商材として出荷される


 岩手県宮古市でトラウトサーモンの海面養殖試験が本格化している。4月24日、宮古漁協が宮古湾内で育てた活じめの500尾が市魚市場に初出荷され、キロ千円を最高値に平均760円の高値スタートとなった。ブランド名称は「宮古トラウトサーモン」に決定。7月末まで毎週千尾ペースで出荷される。秋サケなど主要魚種の不漁が続く中、宮古の新たな特産品としての成長に期待が集まる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る