電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 渡島6単協加工貝今季2万8000トン前後か

新聞記事

渡島6単協加工貝今季2万8000トン前後か

2020年04月20日

加工貝の出荷作業。4月中旬で累計約2万5000トンに達した(2月、森港)


 終盤を迎えている今季の噴火湾渡島地区6単協(長万部・八雲町・落部・森・砂原・鹿部漁協)の加工貝(2年貝)累計水揚量は、当初計画をやや上回る2万8千トン前後となりそうだ。大半の漁家が4月末で終漁する見込み。同月中旬時点の水揚量は約2万5千トン、当初計画に対する達成率は9割を超えた。一方、3月末までキロ200円程度だった浜値は、歩留まり低下、流通停滞に伴い160円台まで下がっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る