電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 常呂町産業振興公社のホタテ貝殻粒状化施設が完成

新聞記事

常呂町産業振興公社のホタテ貝殻粒状化施設が完成

2020年04月20日

完成したホタテ貝殻粒状化施設


 北見市常呂町の(株)常呂町産業振興公社(社長・髙桑康文常呂漁協組合長)が建設を進めてきたホタテ貝殻粒状化施設がこのほど完成した。ホタテ貝殻で製造する土壌改良材の粒状化事業は国内初。従来の粉末を粒状に加工することで農家経営の生産コスト削減や所得向上が期待できる。9月をめどに販売を開始、来年から本格的な生産体制に入る予定だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る