電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 知内かき身入は向上も消流鈍化

新聞記事

知内かき身入は向上も消流鈍化

2020年04月13日

カキのむき身作業(昨年11月、中ノ川地区)


 上磯郡漁協中ノ川地区が養殖するブランド「知内かき」が漁期後半に入っている。序盤に比べて身入りは向上。目立ったシケ被害もなく生産が進んでいる。ただ新型コロナウイルスの影響で殻付き中心に消流が鈍化したという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る