電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 講座などイベントで魚河岸文化を消費者に直伝

新聞記事

講座などイベントで魚河岸文化を消費者に直伝

2020年03月16日

生きた車エビの剥き方を教わる


 市場仲卸による「目利き」に焦点を当て、そこから魚を知り、魚を食べる機会を増やそうとする動きが立ち上がった。東京築地目利き協会では、江戸時代から続く魚河岸文化を講座やイベントを通じ、広く消費者レベルに普及させる活動を展開している。魚食促進には「学ぶ」を主体とした食育も大事だが、粋な「遊び」や「楽しむ」といった姿勢も欠かせないとするのが協会の理念。日本発祥の「業(わざ)」として世界も見据えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る