電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手「大槌サーモン」始動

新聞記事

岩手「大槌サーモン」始動

2020年01月13日


 岩手県内の秋サケ漁が記録的な不漁に苦しむ中、大槌町の新おおつち漁協(平野榮紀組合長)は日本水産株式会社(東京都、的埜明世社長)など4者と連携協定を結び、ギンザケとトラウトサーモンの海面養殖を試験的に始める。事業化を視野に入れた取り組みで、数年以内に年間生産量2000~3000トンを目指す。町内で養殖の一貫生産体制を確立し、加工業者への安定供給やブランド化につなげたい考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る