電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ホタテ玉冷 内販で順調に消化

新聞記事

ホタテ玉冷 内販で順調に消化

2020年01月01日

宗谷漁協のホタテ荷上げ作業(昨年11月)


 オホーツク沿岸の水揚げが30万トンを超えた昨年は、主力の玉冷生産を中心におおむね順調に消化された。玉冷は内販、輸出とも道漁連が示す計画通りの需要が見込まれ、特に回転ずしは幅広いサイズを消費。輸出は中国、東南アジアが堅調で計画を上回る可能性もありそう。3月の期末在庫は「重くならない」と、関係者は口をそろえる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る