電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道のカキ生産・消流 むき・殻付き安定出荷

新聞記事

北海道のカキ生産・消流 むき・殻付き安定出荷

2020年01月01日

量販店の鮮魚コーナーに並ぶカキ


 北海道のカキは、身入りが良く生産量が増えたサロマ湖産のむき身に加え、安定した数量を出荷している道東の殻付きを中心に、道内の量販店や飲食店の引き合いは例年並みで推移している。1年むき身の出荷量は昨年より多く浜値は弱含みの傾向。昨年11~12月の最盛期にはキロ1000円割れとなったが12月後半には1000円台前半まで持ち直しており、着業者は今後の観光客需要などに期待を寄せている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る