電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 秋サケ親製品 生産低水準で相場修正

新聞記事

秋サケ親製品 生産低水準で相場修正

2019年12月02日


 輸入物などに切り替わった売り場回復が大命題となる今季の秋サケ商戦。5万トン割れの凶漁と、漁期を通して生鮮主導の消流から、冷凍ドレスなど通年商材の生産量は近年にない低水準で相場も下方修正。来期に向け、ヒネ物を含め在庫消化の正常化が期待される一方、供給不安が強まる懸念も抱えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る