電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 11月の道南太平洋スケソ シケ頻発で不安定

新聞記事

11月の道南太平洋スケソ シケ頻発で不安定

2019年11月25日

深みでの操業を余儀なくされるスケソの網外し作業(21日、白老港)


 道南太平洋沖のスケソ刺網は解禁から約1カ月半が経過したが、10月下旬過ぎからシケ頻発の海況に悩まされ失速気味だ。ハシリの盛漁を背景に薄漁だった昨年を上回るペースで推移しているが、休漁日を挟んだ不安定な漁模様に加工会社も原料確保に苦慮。加えて胆振、渡島とも深みで群れが厚く、オカ寄りの漁場形成と海況の好転が今後の焦点となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る