電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カキ需要期到来 ブランド力で勝負

新聞記事

カキ需要期到来 ブランド力で勝負

2019年11月25日


 近年、ブランド力の強化を図り消費拡大を目指すカキ生産地。宮城県は水産養殖管理協議会(ASC)の国際認証取得を前面に安全・安心な生食用むきカキを訴求。北海道では本州への販路開拓に可能性を見いだし認知度を高めている。宮城・北海道の新たな展開方策や消流を展望する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る