電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羅臼町のりとも朝倉商店 ホタテ節で商品開発

新聞記事

羅臼町のりとも朝倉商店 ホタテ節で商品開発

2019年11月25日

生殖巣を原料に開発した「ホタテ節」。原体、粉末など要望に応じた形態で提供する


 羅臼町の株式会社のりとも朝倉商店(朝倉奉文社長、電話0153・88・2303)は、ホタテの生殖巣(卵巣、精巣)を原料に開発した「ホタテ節」を活用した商品開発に取り組んでいる。食品・調味料メーカーとタイアップ。今年度内の完成を予定しており、活用事例の創出で北海道発の新たな「だし」素材として普及を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る