電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水産庁、来季沿岸マグロTAC1817トン配分を提案

新聞記事

水産庁、来季沿岸マグロTAC1817トン配分を提案

2019年11月18日


 水産庁は12日、クロマグロの2020年漁期(第6管理期間)のTAC設定に関する意見交換会を東京都内で開き、同期間の配分案を示した。小型魚3757トン(大臣管理漁業1606トン 、都道府県1805.4トン、留保345.6トン)、大型魚5432トン(大臣管理漁業3518.3トン、都道府県1817.3トン、留保95.4トン)と掲示した。同期間の配分については水産政策審議会に「くろまぐろ部会」を設置し、各漁業種の漁業者からヒアリングを行いながら議論したもの。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る