電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・広田地区のホタテ 新貝出荷開始、1連30キロも

新聞記事

岩手・広田地区のホタテ 新貝出荷開始、1連30キロも

2014年02月24日

3年ぶりの出荷となる広田地区の地種新貝(19日)

 岩手県・広田湾漁協広田地区のホタテで14日、大震災以来3年ぶりとなる地種養殖の出荷が始まった。震災前まで悩まされていたへい死が激減したうえ、殼長11.5~13センチと成長も良好な新貝だ。南浜(広田湾)では昨秋の沖洗いで付着物が減った効果も大きく、1連200枚つりで30キロという快調なスタート。北浜(大野湾)では2月15、16日のシケによる落下被害が気掛かりだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る