電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 東北3県秋サケ不漁、7割減

新聞記事

東北3県秋サケ不漁、7割減

2019年11月18日


 青森、岩手、宮城の東北3県の秋サケ漁が厳しい中で中盤入り。10月末時点で各県がまとめた累計漁獲量によると、3県の合計は1186トンで前年同期の3割弱。まとまった水揚げもほとんど見られない状況だ。地球温暖化に伴う海水温上昇の影響などが考えられる。
 青森県沿岸の漁獲量は前年同期比68%減の累計269トン。海域別でも太平洋側191トン(同70%減)、津軽海峡56トン(同58%減)、日本海側21トン(同60%減)と軒並み減少している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る