電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城産乾のり4億枚復活へ視界良好

新聞記事

宮城産乾のり4億枚復活へ視界良好

2019年11月18日

昨季の乾のり初入札


 宮城県産乾のりの生産量が今季、4億枚に達しそうだ。昨季は今年1月の仙台港での重油流出事故の影響で3億枚を割り込んだ。生育状況が比較的安定している今季は色、つやともおおむね良好で例年並みの上場水準に回復する見込み。初入札は27日、全国のトップを切って行われる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る