電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 来遊減るサケ 持続可能な資源管理の道探る

新聞記事

来遊減るサケ 持続可能な資源管理の道探る

2019年11月11日


 来遊数の減少が続くサケの「持続可能な資源管理」をテーマにした公開シンポジウムが3日、札幌市で開かれた。日本水産学会北海道支部の主催。今年は国際サーモン年に制定され、NPAFC(北太平洋溯河性魚類委員会)など国際機関と加盟国がさまざまな研究活動を展開。その趣旨を踏まえ、研究者8人が最新の研究成果を発表。特に資源減少の主因に推察される海洋環境の変動による初期生残のメカニズムなどを探るとともに、長期的なモニタリング調査の継続、野生魚の利用などの資源管理方策が提案された。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る